活動目的

すべてにおいてスピードの早い現代社会において、ともすると組織・社会のあり様が重視され、個性が押しつぶされてしまうことが多くありました。

そうした中で、自分に自信が持てない、自分の個性を活かせないなど、疎外感に苦しみ悪循環に陥る人が多くいます。

自分について、あるいは人について見つめ、肯定的な態度を養うこと。これが、個々の個性を受け入れ、人生を楽しむ生き方につながると言われています。

個性を発揮させるには、さまざまな偏見を吹き飛ばし、持っている個性を自由に発揮できる勇気と希望と喜びをもつことが必要です。それを受け止める環境も必要です。

自分でなくなる ”きぐるみ変身体験” と ”きぐるみコミュニケーション”  は、その人の持っている視点を変化させ、自分も他人も存在そのものを愛おしく感じることのできる体験をさせてくれます。

言葉にできない想いに気づき、人とのつながりかたを再構築させてくれます。

また、笑顔の”きぐるみ”の存在は、周囲にも優しい気持ちをひろげてくれます。
こうした体験や方法を提供することで、”ひと”も”まち”も元気になる。私たちは、そう確信しています。

 

きぐるみ体験を通して、信頼と感謝の気持ちを広げます。

偏見を吹き飛ばし、自由にその個性を発揮できる勇気と希望と喜びを届けます。

一人一人が素晴らしい存在であることを伝えます。

「きぐるみを着ることで、心のきぐるみを脱ぐ!」新しい自分になるきっかけづくり。自分の生き様を引き受け、それぞれが愛情あふれる社会をつくっていこう。